子供が中学受験の勉強を頑張っているご家庭に、私が実際に経験した中学受験からその先のことをお話ししたいと思います。
こんな考え方もあるのかと少しでも思ってくださったら光栄です。

まず、一番先に考えて欲しいことは、中学受験のその先のことです。

この時期は、まだ志望する学校もまだ確実には決まってないかもしれません。
ですが大事なのは、中学受験で受験する中学の学校それこぞが、のちのちのお子さんの将来に大きく繋がって行くからです。

中にはお子さんの自主性にまかせて選ばせるという方もいらっしゃるかもしれませんが、大抵の場合お子さん自身はそれほど深くは考えていないようです。
なぜなら中学という学校そのものを想像できないからです。
ですからここは、親御さん目線でお伝えしていきます。

まず成績のこともありますが、最初の選択肢は2つあります。
それは、その中学に大学がついていて、ほとんどの生徒さんがそこへ進学する学校なのか。
それとも中髙一貫校で大学はあってもそこに進学する生徒が少なくほとんどの生徒が大学進学のためにまた高校で受験体制に入る学校なのか。
そのどちらを選ぶかでお子さんの人生は大きく変わります。

もし、大学つきの学校を選ぶのであれば、その先は学校の勉強を頑張ってそこでそのまま大学進学という形になります。
が、中髙の進学校を選んでしまったのであれば、それは全くことなります。
早いお子さんは中学のうちから予備校に通い始め少なくとも高校からはすっかり受験生になっていきます。

なので、大学つきの学校に行った人たちのようにクラブや友人との付き合いなどいわゆる高校生らしい生活はできないと考えたほうがいいと思います。
このように、全く違う10代の過ごし方をしていきます。

私は、この二つの選択肢のどちらでもそれはありだと思います。
それは、子供によってそれぞれ違いがあるのと、親御さんの子供の教育方針が違うからです。
のびのびといろいろなことを体験しながらその中で子供を見つめて将来を考えて行くこともあれば、まだ確実とは言える状況にない我が子に、その時その時の選択肢のある道を進ませるのもまたそれもありだと思うからです。

ですから、例えば、ある中学を希望した場合、その中学に進むとその先の進路がどういう方向にいく傾向があるのかをまず第一に考えることが大事ではないでしょうか。
大事な我が子のゆく先はとても心配になるものです。
そこで、このようなことも少し思い出していただければと思います。